ヘナチョコ50ブログ

人生50年と言われてますが、私も50歳に近くなり、体の衰えを強く感じ出したこの頃。
そこで趣味の酒、手料理、海外ドラマ、ゲーム、ヘナチョコなジョギングなどの話題を50歳近いおっさんの身体を労わりながらの楽しんでいるライフを書いていきます。
若干自己評価低めの事も書くかもしれませんが、どうか生暖かく見てやってください。

今日の酒と夕食


今日は肌寒いので日本酒です。


本当は熱燗にしたいのですが、メンドーなので冷酒のままです。


一般的に熱燗には、ぬる燗、上燗、熱燗、飛切燗とあり、それぞれが40度、45度、50度、55度となっています。


他にも人肌燗(37度)もあり、もっと細かく分かれています。


まぁキッチリ測るのは店側もメンドーでしょうから、注文時に「ぬる燗で」とか「熱燗熱めで」とか注文して、お客さんと店側の感覚が合えば、呼び方は何でもいいでしょう。


ワタクシは熱めの熱燗が好きです。


それは夏でも冬でも熱めの熱燗が良いです。


むかしまだヨメがいた時には、冬によくストーブにヤカンを置いて、その中に徳利を入れて熱燗して呑んでました。


ヨメも飲兵衛だったので、差しつ差されつで呑んでいました。


まぁ今から考えれば、その頃が一番悩みが少なく、楽しい日々だったと思います。


で、今日は帆立の炊き込みご飯と白菜入りの豚汁です。

思い出曲

齢50歳が近くなると、あるキッカケで涙が思い掛けずに溢れてきて戸惑うことがあります。


例えば大好きな絵画を観たとき…


写真やネットではなく美術館で観たときに、いきなり脳内にブワっと何か得体も知れないものが溢れてきて、まず鼻水〜涙が出てきます。


とりあえずビョーキを心配したので、いつも相談するお客様のナース様に相談したところ…


トシでしょ😆


とのことで、一安心しました。


他にも10歳代の頃のヒットソングを聴くと、当時の楽しかったことや辛かったことを思い出して、そっとクチビルを噛んでしまう(アン・ルイス)こともありますね。


兎に角、この歳になって若者とは違うと強く思い始めたことがあります。


若者は、今一生懸命取り組んでいることは、近いか遠いは別にして将来身に付くであろうということと、ワタクシの歳だと今まで普通にやれてたことが、急にやれなく、もしくはやりにくくなってきていることです。


つまり若者は、まだ成長している状態であり、未来の自分は今よりももっと強く賢く、スキルアップしていることを望める状態でありまし、ワタクシの歳だとスキルアップどころか現状維持にアップアップすることもあります。


まぁその分歳が逝っているので、経験則や小手先の技で何とかやりくりできるのですが...


ワタクシの美容業界でも80歳代の現役者が結構います。


ホント尊敬します。


ワタクシも何歳まで現役(男性美容師は60歳ぐらいが引退時期らしい)でいられるかわかりませんが、酒で脳がやられない様気を付けて逝きたいですな。

今日の酒と夕食

最近どーも太ったみたいです。


ですので今日は、焼酎です。


よく醸造酒は太るが蒸留酒は太らないといいますが、アルコール自体にカロリーがありますので、沢山アルコールを摂取すれば当然カロリー過多になり、どちら呑んでも太ります。


また確実にむくみますので、よりデブデブ感は増すでしょう。


以上はワタクシの今までの経験上のことですが...


以前、一日ビールを2リットル+ワイン1本+αをほぼ毎日飲んでいた幼馴染がいましたが、カットに来ると頭皮がむくんで毛穴と毛穴の距離が空き、薄毛になっていました。


また、それほど太っていないのに胸が女子みたいに膨らんできたと言ってました。


それで師匠のグーグル先生にきくと、アルコールを大量に摂取している状態が続けば、むくむのは当然として、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛や体が女子みたいに丸くなって来ると言ってました。


幸いにも彼はその後彼女ができ、彼女が酒を全く嗜まなかったので、酒も減り今は普通の状態になりました。


まぁ彼と私は、「産まれた時は違う日でも、死ぬ時はアル中で死ぬだろう」と言われてますので、ワタクシも仕事柄毛髪に気を付けながら吞みたいと思います。


夕食は、キャベツが余っていたのでキャベツと豚肉とハムのトマト煮をしました。