ヘナチョコ50ブログ

気弱な美容師。

人生50年と言われてますが、私も50歳に近くなり、体の衰えを強く感じ出したこの頃。
そこで趣味の酒、手料理、海外ドラマ、ゲーム、ヘナチョコなジョギングなどの話題を50歳近いおっさんの身体を労わりながらの楽しんでいるライフを書いていきます。
若干自己評価低めの事も書くかもしれませんが、どうか生暖かく見てやってください。

男性諸氏はど〜なん?


トートツながらワタクシの女性の好みをカミングアウトしたいと思います。


この10年程ふくよかな女性が好みです。


スタッフからは「それってややデ◯専じゃないですか」と言われます。


確かに若い頃は「鎖骨の浮き出た女性」が好みのよーだった。


それがいつの間にやら、二の腕やお腹のプルプル感が良くなっています。


実際に痩せ気味の女性よりも肉付きの良い女性の方に目が行くようになってます。


確か人類の歴史を見ても、その時代時代でのモテる女性の体形は色々と変わってきています。


例えば、飢餓が常に隣り合わせの時代は、ふくよかというのはそれだけで豊富な食料を摂取できる上流階級の人間であり、ステータスだったと思います。


また、現代の日本やローマ時代のローマなど飽食の時代は、痩せていることが自己のアイデンティティーを確立していて、痩身が美の基本になったりしています。


つまり、生が死に近いとぽっちゃりがモテて、生が死から離れると痩せがモテるということです(かなりゴーインですが)


その時代性をワタクシ本人に当てはめてみますと...


確か10年前に新しいコンセプトで、支店として新規美容室をオープンしましたが、これまたうまく軌道に乗れずズルズルと赤字を垂れ流しながら、結局今年初めに息絶えました。


また最悪なことに、その店の運営をほぼ任せていた店長が途中から変な商品の説明と販売を内緒で店内で始めたり、全身エステを中途半端に始めて大コケして、止めを刺された感がありますが、まぁ経営者として管理と運営、人を見る目がないことを含め経営能力不足で支店を畳みました。


なので10年前から最近まで、ずぅ~と会社全体の経営不振からの倒産にビビってました。


幸いなことに、支店を畳んだ後は何とか黒字に戻せて良かったのですが、その10年間はまったく地獄で、心になかでは誰かに抱き着いて安心したい感マンサイであり、抱き着くなら肉付きが良い方がいいということで、ぽっちゃり好きになったみたいです。


うん...


やっぱり、今でもぽっちゃりがいいですね。


女性スタッフに「今日の服なかなか似合ってるジャン」ていうと「ちょっと太ったのですが」って言われるし、彼女には「今日もかわいいね」っていうと微妙な笑顔をされます。


でも確実に言えることは、女性が自分自身がなりたい思っている体型と、男性が女性に求める体型は違うということです。


ワタクシが思うに男性は女性が思っているほど、女性に瘦身を求めてないということです。


この辺に男女のプロポーションの意識の差があると思いますが、男性諸氏(30歳以上)はどー思われますか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。