ヘナチョコ50ブログ

気弱な美容師。

人生50年と言われてますが、私も50歳に近くなり、体の衰えを強く感じ出したこの頃。
そこで趣味の酒、手料理、海外ドラマ、ゲーム、ヘナチョコなジョギングなどの話題を50歳近いおっさんの身体を労わりながらの楽しんでいるライフを書いていきます。
若干自己評価低めの事も書くかもしれませんが、どうか生暖かく見てやってください。

ほぼほぼイヌですが何か?


ワタクシは以前犬を飼ってました。


アメリカンコッカースパニエルという犬種です。


とてもヤンチャで愛嬌のいい犬でした。


彼女の晩年は、人間と同じように寝たきりになり、トイレなどの世話も大変でした。


いよいよ天国に召される時に「キャン、キャン、キャン」とひと吠えして、旅立ちました。


ムスメと今でもその時のことを話すと、ガラにもなくワタクシもムスメも涙ぐんで、また犬を飼うときは同じ名前の「リリ」にしようねと話します。


ちょっと暗くなったので、同じ飼い犬の話でも楽しい話をします。


実家に「チャー」というビーグル犬と芝犬のミックスがいました。


名前の由来は当時の店のスタッフがアイドルグループの「チャチャ」(勝俣氏が所属してたと思う)のファンでしたので、本来彼の名前は「チャチャ」と命名されていたのですが、メンドーなので「チャー」となりました。


で、毎年夏の盛りになるとチャーも暑いだろうという理由から、スタッフのサダピーがカットしてくれてました。


本来美容師は人間様をカットするのですが、彼の顧客にはチャーも加わっておりました。


ある年の夏に事件が起こりました…


いつもの様にサダピーがチャーをカットしていると、急にサダピーが腹痛を訴えてきました。


尋常でない痛がりでしたので直ぐに病院に連れて行くと、急性盲腸炎で即入院で即手術でした。


で、チャーですがサダピーみたいにベテランになると顔→体→尻尾と右半分をカットして、残りの左をカットするという工程で進めていたのですが、ちょうど右半分の尻尾までカットしたところで入院となりました。


結果チャーは右半分が、ほぼほぼ丸刈りで、左がボーボーで、まるでアシュラ男爵みたいになってます。


それでは可哀想ですし、散歩に連れてくのに恥ずかしいので、残りはワタクシがカットする事にしましたが、尻尾を全刈りしたところで、「クセー、ムリ」と早々に諦めました。


で、チャーはひと夏アシュラ男爵カットで過ごしたのですが、散歩中ケッコー注目を浴びていたので、本人は満足してたみたいです。


彼は16年生きました。


最後までシャンとしてて、散歩もしていましたが、老衰でした。


ワタクシも最期はチャーみたいに、旅立ちたいですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。