ヘナチョコ50ブログ

気弱な美容師。

人生50年と言われてますが、私も50歳に近くなり、体の衰えを強く感じ出したこの頃。
そこで趣味の酒、手料理、海外ドラマ、ゲーム、ヘナチョコなジョギングなどの話題を50歳近いおっさんの身体を労わりながらの楽しんでいるライフを書いていきます。
若干自己評価低めの事も書くかもしれませんが、どうか生暖かく見てやってください。

うつルンですね

断酒を始めて5週間が経ちました。


まさに5週間の達成日の前日に、断酒を始める以前より呑みを約束していた人と食事に行きました。


その人はワタクシが懇意にしているメーカーの人で、お互いの仕事がスムーズに行くように、定期的にお互いの会社(ワタクシは自分の会社ですので、ほぼほぼ自分の懐)の金で食事会という呑み会をしています。


で、彼はワタクシが断酒をしていることに、イタく驚いていました。


まぁその人は大酒飲みですので、コメダで食事というわけにもいかないので、居酒屋に行きました。


また、二次会ではワタクシの行きつけの小粋なバーに行きました。


結果ワタクシは、ノンアルコールビールとゆず茶と生おろし梨ジュースで、楽しく談笑しました。


トーゼン酔っ払ってないので、食事中の会話は全て記憶してます。


それで分かったことがいくつかあるのですが…


①酒のある席での仕事の話は、全く要領を得てなく無意味。


②酒を呑んでる人は声がデカイ。


③酒を呑んでる人は、よくトイレを我慢している。


④酒を呑んでる人は、同じ話題を繰り返す。


⑤基本酒を呑んでなくても、相手が呑んでいたら自分も呑んだ気になり、テンションが上がる。


⑥酒がなくても、相手が同じことを繰り返すので、話題が途切れない。


⑦明日の朝はワタクシは元気だが、酒呑んでるこの人は悲惨だろうなと憐れんでしまう。


⑧バーなのに、ついつい酒を呑み続けていることで起こる害を小声で語るが、相手が酒呑んでるので声が大きいため、周りに聞かれてしまう。


などです。


まぁ酒を呑んで語り合う内容が大事なのではなく、一緒に酒を呑みに行ったというコトに意味があり、お互いの仕事がスムーズになるのでしょうね。


そー考えると、美味い酒や料理を食べるコトは楽しいコトですが、仕事関係での呑み会などは、不味くてセンスない店をチョイスしなければ、ほぼほぼ行くだけで目的は達成しているのですね。


断酒をするコトでイロイロ気づくコトが多いですが、いいコト馬鹿りでもないです。


というのも…今軽く断酒ウツみたいです…


体調はしこたまいいのですが、イカセンやる気が出ない…


コレも断酒するコトで脳がアタフタしてるためらしいのですが…


今ワタクシの脳は「アルコールカモーン」って言ってますが、身体はフシギと欲してないのです。


つまり、ワタクシの身体は呑みたくはないが、脳はアルコールを吸収してアドレナインをドバドバ出して、ヒャッホーウとなりたいんでしょう。


ホント困った脳ですが、改めてアルコールの恐ろしさを認識した次第です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。